本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

福山市にある保険相談窓口一覧

福山市の保険相談窓口
福山市の保険相談窓口

福山市で保険の見直しを考えている方。保険を見直そうとしても多数ある保険商品のすべてを把握できるわけもなく結局悩んでしまいます。そんな時は豊富な保険知識を持っていて、福山市のことをよく理解している保険取り扱いのプロに相談してみましょう。いまさら聞けない保険商品の疑問にも答えてくれますし、あなたにとって本当に必要な保険の提案をしてくれます。

店舗名 ほけんの窓口 福山緑町店
住所 〒720-0824
広島県 福山市 多治米町1-9-11
電話番号 084-981-0720
FAX番号 084-981-0721
営業時間 10:00 〜 18:30
休業日 なし
\ 来店予約はオンラインで簡単に /店舗公式ページ
店舗名 ほけんの窓口 福山南蔵王店
住所 〒721-0974
広島県 福山市 東深津町3-23-20
電話番号 084-940-6955
FAX番号 084-940-6956
営業時間 10:00 〜 18:30
休業日 なし
\ 来店予約はオンラインで簡単に /店舗公式ページ
店舗名 ほけんの窓口 フレスポ神辺店
住所 〒720-2123
広島県 福山市 神辺町川北1533フレスポ神辺モール
電話番号 084-960-3170
FAX番号 084-960-3171
営業時間 10:00 〜 18:30
休業日 なし(但し施設休館日に準ずる)
\ 来店予約はオンラインで簡単に /店舗公式ページ
店舗名 ニッセイ・ライフプラザ福山
住所 〒720-0811
広島県 福山市 紅葉町2-27日本生命福山ビル8F
電話番号 084-923-5240
営業時間 10:00 〜 15:30 (月 〜 金曜日) ※祝日・12/31 〜 1/3は除きます。
店舗名 ライフプラザパートナーズ福山FA営業部
住所 〒720-0812
広島県 福山市 霞町1-1-24福山ビル4F
電話番号 084-973-2150
営業時間 09:00 〜 17:30(※それ以降の時間については応相談)
休業日 土日祝 年末年始、お盆休みあり(休日指定応相談)
店舗名 東京海上日動パートナーズ本店 福山支社
住所 〒720-0811
広島県 福山市 紅葉町1-19福山東京海上日動ビル1F
電話番号 084-932-6834
営業時間 09:00 〜 17:00
休業日 土・日・祝日休
店舗名 保険クリニックゆめタウン蔵王店
住所 〒721-0973
広島県 福山市 南蔵王町5-9-18
電話番号 0120-366-929
営業時間 10:00 〜 20:00
休業日 なし

保険相談とは

保険は資産や家族構成、収入や将来プランで人によって必要な保障は様々です

保険相談窓口では、まず担当者が相談者の状況をヒアリングして、最適な保障額をシュミレーションします。そして、必要な保障額をカバーするための保険を提案し、比較・検討・契約までサポートしてくれます。

保険取り扱いのプロが相談者の希望に合わせた保険を提案をすることは、専門知識が必須ですので有料にもなりえるサービスです。しかし窓口ではこれらの保険相談サービスを無料で提供しているため、利用しないと損だといえます。

🤔なぜ相談が無料なの?

保険相談は保険代理店が運営をしています。 相談者が保険代理店から保険契約した場合、保険代理店は保険会社から代理店手数料を受け取ることができます。 無料保険相談は保険会社が保険代理店に払う手数料で運営されています。ですので利用者は無料で相談することができるのです。

🤔どこで相談しても同じなの?

保険相談の店舗によって取扱保険会社数や保険種目などは異なります。加えて一回の相談では決定できない場合もありますので、複数回店舗を訪問する可能性もあります。相談窓口の立地・営業時間・駐車場などの特徴を確認して、無理のない範囲で通える店舗を探してみましょう。

🤔だれでも相談できるの?

どなたでも相談できます
たとえば
👍将来の資産形成に悩んでいる独身の方。
👍配偶者や子どもを迎えて、備えに不安のある方。
👍家や車の購入で守る資産が増えた方。
👍子供が巣立って生活が変わった方。など

事前知識も不要です。
たとえば
👍家計や保険の見直しに具体的な目標がある方。
👍なんとなく悩んでいる方。など

保険の相談窓口は個人の状況に応じて対応できるサービスです。

福山市で保険相談をするメリット

福山市の保険窓口で契約の相談をすることにどのような意味があるのでしょうか? 

 相談窓口が福山市に詳しい

保険は地域と密接な関係があります。 補償するべき内容は雪国・沿岸部・山間部・ハザードマップなど地域よって異なります。出産、介護や葬儀など、自治体からの支援が期待できるのであれば、民間の保険では不要なカバーがあるかもしれません。地域の事情をわかっているプロに相談できるというのが、保険相談の大きなメリットです。

 いつも近くにいる

想定外のトラブルで住居が損傷した。急に自分が病気で運ばれたなど、保険は急に必要になります。 そんな時は保険手続きまで気が回らないものです。しかし保険は「請求しないと適用できない」のです。相談窓口に連絡すれば、保険代理店である窓口が事故報告や保険金請求などの申請を保険会社と進めてくれますので任せることができます。

保険相談の流れ

店舗によって流れに違いがありますが、ここでは一般的な流れについて説明します。

持ち物 現在保険に加入している場合は、加入中の保険証券、または契約内容が確認できる資料を持参しましょう。 保険相談がスムーズに進みます。

 必要書類の記入
個人情報同意書・ヒアリングカードなどを記入します。

 ヒアリングに回答
担当者より来店目的・収入・財産や家族構成などのヒアリングがありますので、回答します。

 保障額のシュミレーション
質問への回答内容と将来の希望などを把握したうえで、担当者が 保険カバーが必要なリスクと金額をシュミレーションします。

 保険商品の説明
あなたに最適な保険の種類と、保障金額やカバー内容を提案が提案されます。いまさら聞けない保険の基本的な内容から、保障内容があいまいな保険など、わからないことはどんどん質問しましょう。

 見積もりの調整
数ある保険会社から、相談者に合う商品と保険料が提示されます。 希望に合わせて商品の比較検討ができます。予算に合わなかったり、希望のプランがある場合は見積もりを調整してもらいましょう。

 次回相談の申し込みまたは契約手続き
提案はすぐに決定する必要はありません、持ち帰って家族と相談することも可能です。必要であれば再度見積もりを提示してもらうなどして、 希望に合う保険商品が見つかった場合は申し込み手続きを進めます。